忍者ブログ
のんびりまったり無法地帯
[320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


霧雨が降る森(リンク先は制作者サイト)

某所で目にして気になったのはいいんですがいかんせん私のパソコンは林檎だから非対応だしジャンルもホラーなので大の苦手な私はプレイできないなーと思いネタバレも気にせず色々見て回っていたらむしろさらに気になってプレイしたくなってしまってどうにもこうにも考え悩んだあげく思い切ってプレイしたわけです。
しかし先ほど言ったように私が使用しているパソコンは林檎さんなので、もちろんサポート外です。が、これのテストプレイの時にダウンロードしていたMikuInstallerに賭けてダメもとでダウンロードしてみたら何と起動に成功、無事プレイすることがきました。ただ環境の問題もあり、プレイ開始から全ED(各ED見るために分岐前にセーブしてクリア後そこから再開)見るまでに20回近くフリーズしました。フリーズと音のバグ(?)との戦いでした。

その辺含めてネタになりそうな部分を回想してみたいと思いますので興味を持って下さった方は続きからどうぞ。真面目な考察はないです。ただプレイ状況を淡々と綴っているだけです。

拍手


操作方法に「ダッシュ…shiftキー(方向キーと同時押し)」とあったので手の配置はこれ↓


左の私物が邪魔なのは確定的に明らか

いざプレイ。
開始すぐ、シオリが村へ行こうと決意し暗転したところでそのままフリーズする。
ここからフリーズ祭りの幕開け。すぐ再開してその暗転後、無事村のバス停がある駅前へ着くもフリーズする。
その後も数回フリーズしながらも進み続け、佐久間捜索中にいよいよ物語が動き出す。
ところで須賀さんは侵入者(というよりおそらく佐久間)を探すのにわざわざ刀を持って徘徊しているのが恐ろしいんですが。ちなみに初対面時の佐久間に「ここの管理人ちょっと頭おかしい(うろ覚え)」みたいなことを言われた直後にフリーズしました。須賀の呪いとしか思えなかった。


ホラーに対する免疫がほぼないので一番最初の↑シーンで心臓ガン震え(落書きの黒い部分の赤文字はうろ覚えです)。
このあとついに森の中に入っちゃうわけですが、この辺は須賀が一切出てこないので彼がどういう状況なのか妄想してみるととても楽しいですね。

社の先の洞窟へ入る前に書かれた抽象的な警告文が「ネックレス無駄に消費するんじゃねーぞ」という意味であったことにネックレスを使い切ったあとに気づきました。
この辺ちょっと詰まってうろうろ徘徊した結果ネックレスは洞窟最初のマップ上の方で蠢いている赤さんに2個、右下の部屋にいる赤さんに1個消費。ということはつまり左上の部屋にいる赤さんはご健在というわけです。その後も(赤さんご健在部屋以外を)うろうろ探し回り、ちょろちょろアイテムを手に入れますが先に進める気配は無し。そしてやっとそれっぽいアイテム、「木の鍵」を見つけたけれど先のドア3つとは何の関係もないようなのでこれはもうどう考えても

もう物色していない場所が赤さんご健在部屋しかない。
この時より前にも2、3回中に入って物色しようとするもすべて赤さんに捕まって死んだので諦めていたのですがやはりこの中に何かあるようです。しょうがないので赤さんから逃げつつ物色するしかない。というわけで突っ込みます。4、5回またはそれ以上死にました。赤さんから逃げることに集中してたら物色できないのなんのって。調べてみても反応のないハズレばかり当たるし。
この洞窟で初めて赤さんがご登場した時はBGMのインパクトもあって心臓バクバクでしたがここまで何度も追いかけっこを繰り返すとさすがにもういい加減慣れます。というよりも恐怖以上にいかにしてこいつを避けつつ中を物色するか考えることに必死だったという方が正しいかもしれません。しかし努力はいずれ報われるというもの。

アイテム名忘れましたすいません。


このあと隙を見て無事逃げ切りました。



一応捕捉
・実際の赤さんは動きがとても素早いです。
・アイテム入手のウィンドウが出ても赤さんは動き続けます。

だらだら伸びてしまったのでここで打ち止め。続きますたぶん。
PR
Calendar
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Twitter
Profile
HN:深蚪(ミト)
総じてズボラ。ゲーム大好きSTG大好き。
Search
Other
忍者ブログ [PR]